水道管が凍ってしまって…

私が住んでいる地域は、冬の季節にもなるとすぐに水道管が凍ってしまうのです。長年住んでいると、どんな場合に水道管が凍るのかも分かってくるようになります。大まかには、前の夜から朝に掛けて天気予報などで雪が降るということが分かっている場合には、案の定水道管も凍ってしまうことが多いですね。やはり雪が降るということは、水という液体が固体になるということでもあるので、相当気温が下がるのでしょうね。従ってそんな気候の時には、水道の蛇口を少し緩めてチョロチョロと水が出るようにしておくのです。そうするとことで、水道から水が出ないというトラブルを未然に防ぐことができます。そうした事前処置をしていないと、朝起きて顔を洗おうと思っても蛇口から水が一切出ないというハメにもなるので困ってしまうのです。もちろん、水道の蛇口から水が出ないために、朝食用の味噌汁なども作ることができません。ただし、トイレだけは水をチョロチョロと出しておくということもできないので、これといった対策もしないのですが、幸いにもトイレに関してだけは水が出ないというトラブルには未だかつて遭遇したことがないですね。

個人情報保護方針 | 三鷹 水漏れトラブル修理110番

それから、外の車庫の出口には道路に雪が積もらないようにするために専用のホースから水を流しておくのですが、そうした水の場合も雪が降ってからではもう手遅れなのです。雪が降る前当たりから水を流しておかないと、やはり水道管が凍結してしまうのです。こうした水道管の凍結防止処置というのは、少しでも怠ると水が使えないというトラブルにも発展してしまうので注意が必要ですね。