汚れやすいトイレは水の流れに不具合があるかも

トイレの中には頻繁に掃除をしているにも関わらず、汚れやすいものが存在しています。トイレの中でもよく汚れると言われているのが「サボったリング」とも言われる洋式トイレの水が溜まっている周辺、小便器であれば尿がかかってしまう中心部分、和式トイレは水の溜まりがそれほどない平らになっている部分などでしょう。しかし、どれだけ汚れがつきやすい部分であったとしても、それなりに掃除をしているのであればそんなに汚れが目立つということもありません。ではなぜこのような汚れやすい状況になってしまうのかというと、そのトイレの水の流れに不具合があると考えられるからです。

私たちは水洗式トイレの水圧を過信している部分があり、一度トイレを流すレバーを作動させると完全にすべての汚れを洗い流してくれると考えてしまいがちです。それゆえに、水を流しているのに、そして掃除をしているのになぜ汚れてしまうんだと疑問に思ってしまいます。しかし、こうやって考えると汚れがつきやすい原因が特定できるかもしれません。それは「水の流れが悪いと、全ての汚れを洗い流すことはできない。」ということ。つまり水の流れに不具合があれば、どれだけ水洗便所の流すレバーを回しても、完全には汚れが落ちずにどんどんとその汚れが蓄積していき、すぐに新たな汚れへと発展してしまうのです。

上記のことからも、頻繁に便器に汚れが目立つようなことがあれば便器の水圧や水の流れについて確認をするようにしてみてください。タンク内部の不具合によって水の流れが悪くなっていることも考えられますし、水が流れ出してくる穴がつまってしまっているなどのトラブルも考えられます。

上記のようなトラブルを発見して、それを解決することができれば汚れにくいトイレにすることも可能であると思いますので、ちょっとでも汚れやすさが気になるトイレがあれば早急に何らかの方法で点検を行った方がいいでしょう。