お風呂の排水溝、上手な掃除の仕方とは。

お風呂の排水溝、体中の汚れがそこへ流れていくうえに、水気が多くてカビや細菌などの発生も気になり、掃除するのも億劫ですよね。抜けた髪の毛、体から出た垢などもありますから、どうしても掃除をするのに重い腰が上がりません。かといって、そのまま放置しておくと中に髪の毛などが溜まって最終的には水が詰まってしまい、排水溝に溜まっていたものが水と一緒にお風呂場へと逆流してくる…なんていう事態になりかねません。それを避けるため、億劫なのはわかりますが、やはり定期的に掃除を行っていく必要がありますね。

では、そんなお風呂の排水溝の、上手な掃除の仕方ってなんでしょうか。まず、表面の髪の毛だけ取り除けばいいなんてことは絶対にありません。しっかり部品を取り外して、奥に溜まった髪の毛などを根こそぎ取り除きましょう。パイプ洗浄剤でどうにかしようなんて思ってはいけません。あれはあくまで、手作業で取り除けなかったものを取り除くためのものです。ごっそり溜まった髪の毛を溶かしてくれるなんてことはありませんし、中途半端に溶けてヘドロのようになり、余計な悪臭や汚れを発生させることになりかねません。まずは手作業でしっかりゴミを取り除くこと。これが大前提ですね。定期的に行っていれば悪臭も汚れもそれほどではないので、だからこそ頻繁にこの作業をするようにしましょう。

そしてその後はパイプ洗浄剤…ではなく、重曹とクエン酸の出番です。重曹とクエン酸が反応することで発生する泡を活用することで、排水溝のヌメリなども綺麗に落とせます。落ちないカビなどは、さらにカビ洗浄剤を使うと良いでしょう。
排水溝の掃除は、これらを行っておくだけでだいぶ違います。逆に言えば、これ以上のことを行いたければ業者に依頼するほうが確実です。定期的な掃除を心掛ければ、これらは決して辛い作業ではありません。しっかり掃除して、お風呂場をいつでも清潔に保ってくださいね。